アロマセラピーとは

花の良い香りで気分が明るくなったり、木々の中を歩いていると気分が静まったり癒されたりといった経験はありませんか? 自然の香りの持つ力は古代から知られており、私たちの生活のさまざまな場面に役立てられています。

アロマセラピー(アロマテラピー)という言葉はフランスで生まれ、日本語では“アロマ”(aroma)=“芳香”と“セラピー” (therapy)=“療法”からできた造語で「芳香療法」と訳されました。

アロマセラピー“芳香療法”とは、ハーブなどの自然植物が生み出す香りの成分を効果的に取り入れ、私たちの心と身体の美と健康のために役立てる自然療法のことをいいます。

植物から抽出した精油(エッセンシャルオイル)は、心と身体の両面に働きかけてくれます。身体へは皮膚や肺から血管を通って全身に伝わりますが、心への働きかけのすべては解明されていません。

鼻から入った香りの分子は大脳の辺縁系に伝わります。中でもこの嗅覚からの感覚は、人間の本能や情動、記憶に関わる部位にアクセスします。このことから、香りと記憶が密接な関係を持つということがわかります。

この香りを嗅ぐとあの人を思い出すとか、あの頃、あの場所を思い出すという経験は誰にでもありますよね。その受けた信号によってホルモンなどの分泌の指令が発信され、身体に作用していくのです。

ところで日本では“アロマセラピー”と“アロマテラピー”という二つの呼び方があり、どう違うのか、という疑問を持っている方が多いようです。

アロマセラピーは英語、アロマテラピーはフランス語ですが、イギリスとフランスでは精油の使い方が異なります。
フランスでは、精油を使って病気の治療をする医師がいます。つまり医師が病名の診断をして処方する、ということでアロマセラピーは医師の仕事の範囲になるようです。

イギリスでは、ちょっとした身体の不調やスキンケア、メンタルケアや病気の予防のために一般の人が精油を用いてセルフケアを行う習慣があります。

日本の場合、アロマセラピーは医療ではありません。精油はスキンケアやメンタル面のケアに使われているので、イギリス系の流れを汲んでいるということになるでしょう。

ニュース